TOKYUSNOWRESORT

ファミリーで楽しめるスキー場

子供のスキーヘルメットの重要性とスキージャム勝山のヘルメットレンタル

お子さんがスキーやスノーボードを楽しむとき、ヘルメット、かぶってますか?今は、自転車、親が子供を乗せるときも子供自身が乗るときも、子供はヘルメット着用が努力義務となっています。
安全のため、万が一の時の“保険”ですが、スキーやスノーボードを楽しむときも同じです。 スキー、スノーボードは、思わずスピードが出ることもありますし、バランスを崩しての転倒や人や物への衝突の可能性も考えられます。雪面が固く締まっている場合もあるので、雪の上に転ぶのだから大丈夫とは思わないでようにしましょう。この危険性は初心者、上級者にかかわらず、です。オリンピックやプロスキーヤー、プロスノーボーダーの映像を見ても、皆さんヘルメットを付けています。
特に子供は、思わぬ動きで大人をヒヤッとさせることも多いですし、時には危険を顧みない大胆な行動をとることがあります。
せっかくの楽しいスキー、スノーボード。安全に楽しく滑るために、ぜひお子さんにはヘルメット着用をお願いします。

目次

スキー・スノーボードの子供用スキーヘルメットって?

最近の子供用スキー・スノーボードヘルメットはデザイン性も優れていて、サイズも豊富、防寒にもなります。そしてなにより思わぬケガから子供を守ってくれます。子供の安全を考えたら、スキー・スノーボードヘルメットは必須です。

子供のヘルメットの重要性

子供は思わぬ動きをすることがありますし、スキー場では、衝突や転倒の危険もあります。思いも寄らない事故から子供を守るため、スキー、スノーボードを楽しむときは、ヘルメットを着用しましょう。

ヘルメットの選び方

子供用のスキー・スノーボードヘルメットは、スポーツ量販店や専門店で買うことができます。カラフルでおしゃれな子供用スキー・スノーボードヘルメットがたくさん販売されています。
子供用スキー・スノーボードヘルメットは、安全性が第一。そのためには選び方も大事。
でも、何を基準にどう選んでいいのか迷いますよね。
そこで、子供用スキー・スノーボードヘルメットの選び方をご紹介。 また、子供は成長によってサイズが合わなくなる、ヘルメットを買うほど多くスキー(スノーボード)に行かない、などという方には、レンタルがオススメ。
購入でもレンタルでも、スキー、スノーボードを楽しむときにはヘルメットを着用する、これが大事なんです。

自分に合ったサイズを

サイズの合わないヘルメットでは、グラグラ動いてスキーやスノーボードに集中できなかったり、ズレて視界を遮ってしまったりするので危険です。スキー・スノーボードヘルメットは頭部にぴったりフィットすることが大切ですので、ぜひ試着しましょう。 最近では、ダイヤルフィットシステム(ダイヤルで調節してフィットさせる)のヘルメットや、メーカーによってはJapan Fit(日本人専用設計)のヘルメットもあります。

機能性と防寒性

スキー・スノーボードヘルメットには、ゴーグルがズレないようにゴーグル止めが付いています。保温性、防風性が高いのも特徴です。寒いとせっかくのスキー、スノーボードも楽しめません。もちろん耳もカバーしてくれるので、寒さで耳が痛くなることも防げます。さらに、雪で頭部が濡れるということもありません。 また、スキー、スノーボードを楽しんでいると、段々身体が温まってきますので、通気性も大切です。そして、軽さ。ヘルメットが重いと疲れてしまいますので、できるだけ軽いものが良いでしょう。  

好きなデザインでウェアとコーディネート

安全性が第一のスキー・スノーボードヘルメットですが、やはり見た目にもこだわりたいですよね。各メーカー、デザインやカラーバリエーションも豊富なので、ウエアに合ったお気に入りのヘルメットが見つかるはずです。  

ヘルメットをレンタルするメリット

子供用スキー・スノーボードヘルメットは、着用することが大切ですので、毎年買うのは大変、スキー、スノーボードに行く頻度が少ない、荷物を少なくしたいという方はレンタルがオススメです。

荷物を減らせる

スキー場でスキー、スノーボードの道具一式をレンタルするなら、持って行く荷物をグーンと減らすことができます。特にスキー・スノーボードヘルメットはかさばりますのでヘルメットだけでもレンタルにすると荷物の大きさが随分違います。また、自宅での保管場所を確保する必要もありません。

経済的なメリットがある

子供の場合、成長によるサイズの変化が考えられますので、頻繁にスキーやスノーボードを楽しんでいる方なら購入をオススメしますが、年に数えるほどという方はレンタルがお得です。レンタルなら、メンテナンスの手間や費用もかからないので、気軽にスキーやスノーボードを楽しめます。

子供用スキーヘルメットレンタルの相場

参考として、国内の主なスキー場でのレンタルヘルメット料金(大人1名・1日)をご紹介します。(2021年11月現在)

苗場スキー場(新潟県) ヘルメット:1,000円 / 子ども:700円
上越国際スキー場(新潟県) ヘルメット:Jr.500円
ガーラ湯沢スキー場(新潟県) ヘルメット:1,000円
志賀高原(新潟県) ヘルメット:1,000円 / 子ども:600円
鹿島槍スキー場(長野県) ヘルメットレンタル無し
白馬五竜スキー場(長野県) ヘルメット:900円 /高校生以下:400円
斑尾高原スキー場(長野県) ヘルメット:1,000円

 

ヘルメット以外の自分で用意したほうが良いもの

快適にスキー、スノーボードを楽しむために、スキー・スノーボードヘルメット以外に、自分で用意したほうが良いヘッドアイテムをご紹介します。ヘッドアイテムのレンタルはないところが多いので、ぜひご準備を。

インナーキャップ・帽子

中にはビーニー(ニット帽)を被ってからヘルメットを着ける人もいますが、ゴワつきが気になる人はよりヘルメットとの密着性を高めるためにインナーキャップ(薄手の帽子)を被るといいと思います。吸湿速乾タイプのものだと汗をかいても心配がありませんね。

バラクラバ(目出し帽)·ネックウォーマー

バラクラバは、頭部から首まですっぽりと覆い、目の周辺だけくり抜かれた帽子のことを指します。インナーキャップ同様、密着性があり長い髪の女性なども髪の毛をまとめることができるので滑走中にヘルメット内で髪がまとわりつくこともありません。また、首まで覆われているので、ウェアの首元からの雪の侵入を防ぎ防寒にもなりとても便利です。 バラクラバ・ネックウォーマー共に、薄手から厚手のものまでありますので、天気や自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

ヘルメットレンタルの方法

スキー・スノーボードヘルメットをレンタルする方法には(1)スキー場に申し込む、(2)レンタル付きのスキー·スノーボードツアーに申し込む、(3)レンタルショップに自分で申し込むなど主に3つのパターンがあります。

スキー場で申し込む

スキー場に行った際にレンタルを申し込む方法です。 事前にスキー場のWEBサイトなどで予約しておくとスムーズにレンタルできるでしょう。

レンタル付きのスキー·スノーボードツアーに申し込む

レンタル付きのスキー・スノーボードツアーに申し込むことで現地で全てが揃うのであとはフィッティングするだけ。初心者の方も安心です。 但し、スキー・スノーボードヘルメットは付いていないツアーがほとんどなので、事前に確認が必要です。

レンタルショップに申し込む

ネットで検索すると、レンタル専門のショップがいくつかあります。送料を支払えば自宅に届けてくれる宅配サービスもあります。自身で手配してスキー場に持っていく形になりますが、シーズンレンタルができたり、お好みのスキー・スノーボード道具を選べたりと様々なメリットがあります。いろいろなスキー場を楽しみたい方や、自分好みの用具を選びたい方など、中級者向けの方法でしょう。

スキージャム勝山の子供用レンタルヘルメットの特徴

スキーレンタルにおすすめのヘルメット

ここからは最長滑走距離5,800mを楽しめる福井県勝山市にあるスキージャム勝山のレンタルの概要を紹介します。リゾートゲレンデならではのバリエーション豊富なレンタルを上手に活用して人気のスノーリゾートでのスキー・スノーボードを楽しんでください!

子供用レンタルヘルメット価格と特徴

スキージャム勝山の子供用レンタルヘルメットは、優れた安全性と装着感のAnon(アノン)とATOMIC(アトミック)のスキー・スノーボードヘルメットをご用意。軽量でおしゃれなヘルメットです。

ヘルメット/単体レンタル /1日 大人 2,200円  ジュニア 1,700円

 

レンタルの流れ

関西でおすすめのレンタルができるスキー場

スキージャム勝山でのレンタルスキー・スノーボードの流れをご紹介します。まずスキージャム勝山に到着したら、レンタルプラザにお越しください。フィッティングスタッフが丁寧に対応させていただきます。返却も同じ場所になります。

事前準備

スキー道具は滑る人の身長や体重などで、板・ストックの長さやビンディングの設定値が異なります。フィッティングスタッフがお客様に合わせた調整を行いますが、事前にご自身の身長、体重、足のサイズなどを把握しておくと、レンタル時の手続きがスムーズになります。 スキージャム勝山ではレンタル品のWEB受付を行っています。スキージャムに行く日が決まったら先にWEB予約をしておくと、少しでも早くゲレンデに飛び出すことができます!

WEB申込はこちらのリンクからお申し込みください。

スキー場で

スキージャム勝山に到着したら、レンタルプラザにお越しください。レンタルプラザ到着後の流れをご説明します。 ロッカーや更衣室のご用意もありますのでご安心ください!

到着したら

事前にWEBでスキー・スノーボードレンタルをご予約されたお客様は受付でお申し出ください。予約のないお客様は専用端末で必要事項を入力していただきます。

お支払い

お支払いはQRコード決済、電子マネー、交通系IC、クレジットカード等を選択できます。ゲレンデのレストランも同様の決済が可能です。

レンタルウェアに着替える

お好みのレンタルウェアを選びます。試着はできますので、サイズやデザインなどお気に入りの一着をお選びください。選んだあとは更衣室で着替えます。

ヘルメットを受け取る

スキー・スノーボードヘルメットをご希望の方はブーツコーナーで受け取りが可能です。安全に滑走するためにぜひブーツと合わせてヘルメットも着用しましょう。

ブーツを選ぶ

貴重品以外はロッカーに入れ、ブーツコーナーでレンタルブーツを選びます。試着をしてサイズ感を確認してください。

スキー・スノーボード板を選ぶ

ブーツが決まったら、ブーツを手で持ってスキー・スノーボード板のコーナーへ。板のビンディング調整を行います。 ※スノーボードレンタルの場合はブーツを履いてから板を受け取りましょう。

スキーの場合はポール(ストック)を選んでゲレンデへ!

レンタルプラザ入り口に様々なサイズのポールをご用意しております。一般に直立してストックを持ったときに肘が90度になる長さがピッタリと言われています。

リフト券の買い方

リフト券は全ての準備が完了したらリフトに乗る前にお買い求めください。なお、手ぶ楽パックをご利用のお客様は、レンタルプラザ受付時にお渡ししております。

キッズ&初心者ゲレンデの「ビキッズパーク」もあります!

お子様が安心して滑れる人気のキッズパーク「ビキッズパーク」もありますので、ぜひお楽しみください!「ムービングベルト」を使えば、リフトに乗れなくても安心してゲレンデを登れます。(ビキッズパークご利用のお客様はそりレンタルが無料になります。)

ビキッズパークについて詳しくはこちらをご覧ください。

滑り終わったあとは

たっぷり滑ったあと日帰りのお客様は、レンタルプラザにウェアやスキー・スノーボード板、スキー・スノーボードヘルメット等のレンタル品をご返却ください。宿泊のお客様は宿泊先にお持ちいいただきます。お預かりの場合はクロークにて1泊1,000円でお預かりいたします。

スキージャム勝山では子供用ヘルメットが購入できる!

ショップリリウム

「やっぱり子供用のスキー・スノーボードヘルメットを買いたい」と思ったら、スキージャム勝山の売店「ショップリリウム」へどうぞ。子供用のスキー・スノーボードヘルメットも数多く取り揃えています。 また、スキー·スノーボード用のウエアやバッグ、グローブ、ゴーグル、キャップなどの小物もスキー・スノーボード用品店並みに充実しています。ネックウォーマーやリフト券ホルダー等、万が一忘れ物をしたときも、「ショップリリウム」をのぞいてみてください。品揃えが豊富なので、お探しのものが見つかるはずです。 さらにお土産品も豊富。お菓子や衣料品、キーホルダー等、見ているだけで楽しくなってきます。特にオリジナルグッズはオススメですよ。お帰りの際にもぜひ、立ち寄ってみてください。

BURTONのパートナーストアBURTON SKIJAM KATSUYAMA

関西おすすめスキー場のburtonストア

BURTON SKIJAM KATSUYAMAは西日本のリゾートでは唯一のゲレンデ直結のパートナーストアです。 世界的にも有名なブランド、BURTONならではの高機能な板やブーツはもちろん、アパレル、ゴーグル、グローブ、ヘルメットやアクセサリー、バッグなど雪山でのスキー·スノーボードを楽しく快適にするアイテムを全て網羅しています。 BURTON SKIJAM KATSUYAMAでは人気のanon.(アノン)のヘルメットも購入できます! anon.(アノン)は、BURTONから生まれた、ヘルメットやゴーグル等のブランドで、機能性もデザイン性も優れたブランドとして注目されています。 また、BURTON SKIJAM KATSUYAMAは、購入してすぐゲレンデに直行できるのも魅力。“ゲレンデ直結”ならではのメリットをいかして、オシャレな最新アイテムでウィンタースポーツを楽しみましょう。 レンタルでは揃わないインナーや靴下もBURTONならトップクラスの機能性です。ぜひBURTON SKIJAM KATSUYAMAへ!!  

スクールのキッズレッスンはヘルメットが必須!

子供スキーキッズパークスノーエスカレーター

スキージャム勝山のスキースクール、スノーボードスクールでは、小学生以下の方にはヘルメット着用を推奨しています。 欧米では子供のヘルメット着用のルールがあるくらいで、大人も子供もヘルメットがとても重要だと認識されています。
スキー、スノーボードはとても爽快で楽しいスポーツですが、転倒や衝突による危険もありますので、安全性を第一に考え、スキー・スノーボードを楽しむときにはぜひヘルメットを着用してください。
スクール受講生には90分500円での貸出しもしていますので、スクール受付でお申し込みを!

断然お得なWEB前売券販売中!

自動発券機で購入できる断然お得なWEB早割リフト券販売中です! 

WEB前売り券について詳しくはこちらをご覧ください。

WEB前売券  

あとがき

安全にスキー・スノーボードを楽しむためのヘルメット、とても大切ですね。特に子供は、危険を顧みなかったり、初心者だとスキー、スノーボードをうまくコントロールできなかったりしますので、ぜひ着用を!
初めての方や、年に数えるほどしかスキー・スノーボードをしないという方はレンタルで、お気に入りのヘルメットを着用したいという方は購入をオススメします。
子供は成長によってサイズが変化しますので、レンタルを上手に利用して、安全で楽しいウィンタースポーツを楽しみましょう。