TOKYUSNOWRESORT

恐竜博物館周辺の見どころ 越前大仏(清大寺)

“恐竜王国”福井県勝山市の観光情報

恐竜の一大産地として有名な“恐竜のまち”福井県勝山市。その見どころは福井県立恐竜博物館だけでなく、他にもたくさんあります。今回は、その勝山市のおすすめ観光スポットをはじめ、セットで楽しみたい勝山市付近や、福井県内のオススメ観光スポットをご紹介します。ぜひ、勝山市観光の参考にしてみてください。

勝山市内の観光スポット

“恐竜のまち”福井県勝山市は福井市から車で約40分、福井県の北東部に位置する自然豊かな街です。大人気の福井県立恐竜博物館はもちろん、他にも魅力的な観光スポットがたくさんあります。こちらでご紹介する情報を参考に、ぜひ恐竜博物館とセットで勝山市観光を楽しんでくださいね。

福井県立恐竜博物館

恐竜博物館の見どころ 動くティラノサウルス

フクイラプトル、フクイティタン、フクイベナートルなどの福井県で見つかった恐竜は、その全てが福井県勝山市北谷における発掘調査で見つかりました。
そんな“恐竜のまち”を象徴する施設であり勝山市観光の要となるのが、村岡町寺尾の「かつやま恐竜の森」にある「福井県立恐竜博物館」です。
世界3大恐竜博物館の1つとも言われ、44体もの恐竜全身骨格や、ジオラマ、実物化石などの貴重な標本が数多く展示され、訪れる恐竜ファンを楽しませています。まるで恐竜の卵のような巨大な銀色のドームが特徴で、印象的な建物の構造も魅力の1つ。
また、「化石発掘体験」が楽しめる野外恐竜博物館へのツアーも人気です。季節ごとに企画展や特別展など、普段は見られない展示物がお披露目されることもあるので、事前にホームページをチェックしてみてください。

住所 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
電話番号 0779-88-0001
ホームページ https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

かつやま恐竜の森

恐竜博物館周辺の見どころ ティラノサウルス広場

“恐竜のまち”勝山市観光の際に絶対外せない福井県立恐竜博物館は、村岡町寺尾にある「かつやま恐竜の森」という広大な公園の中にあります。
その公園内には大人気の化石発掘体験を楽しめる「どきどき恐竜発掘ランド」や、恐竜の形をした遊具やアスレチックのある「ティラノサウルス広場」、BBQガーデンなど、様々な遊び場があります。
また、「かつやまディノパーク」というアトラクションでは、44頭もの実物大の恐竜たちに出会えます。恐竜博物館と併せて、丸一日楽しめるスポットですよ。

住所 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
電話番号 0779-88-8777
ホームページ https://kyoryunomori.net/dig_experience/

かつやまディノパーク

恐竜博物周辺 ディノパーク

「かつやま恐竜の森」の中にあるディノパークは、博物館とともに子どもたちに大人気の冒険アトラクション。ディノパーク内では全長20メートルのマメンチサウルスや、全長13メートルのティラノサウルス、魚食性のスピノサウルスなど、44頭もの実物大の恐竜たちに出会えます。
恐竜博物館で恐竜やその生態について学んだ後は、ディノパークでリアルな恐竜たちとの遭遇を楽しむのも良いですね。

住所 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
電話番号 0779-88-8777
ホームページ https://www.dinopark.jp/

スキージャム勝山

恐竜博物館周辺の見どころ スキージャム勝山

勝山市観光の魅力は、その豊かな自然にもあります。冬は雪が降り、特別豪雪地帯に指定されているほど。その雪が降る環境を存分に味わうには、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむのがオススメです。
市内の法恩寺山にあるスキージャム勝山には、なんと最長滑走距離が5,800mという西日本最大級のビッグゲレンデがあり、初心者から上級者まで楽しめるコースが揃っています。ゲレンデエリアにお子様向けの「ビキッズパーク」も併設しているので、家族連れの方も安心して雪とのふれあいを楽しめますよ。スキーやスノーボードはもちろん、ウェアのレンタルも充実しているので、観光とセットで手ぶらで楽しめるのも魅力的。
また、グリーンシーズンのメニューも豊富で、BBQやセグウェイや夏のゲレンデを楽しむ芝そり、パラグライダーなど自然の中で思い切り遊べるアクティビティが充実していますよ。

住所 福井県勝山市170-70
電話番号 0779-87-6109
ホームページ https://www.skijam.jp/green/

白山平泉寺

恐竜博物館周辺の見どころ 平泉寺白山神社

白山平泉寺は白山国立公園の中にあり、苔の絨毯が広がるこの地には、かつて日本有数の宗教都市が広がっていました。
白山平泉寺の歴史は古く、西暦717年に泰澄大師によって霊峰白山の越前側登拝口に開かれ、最盛期の戦国時代には四十八社・三十六堂・六千坊が立ち並び8000人もの僧兵がいたと伝えられています。
1574年に一向一揆勢に攻められてほろぶまで、その繁栄は続きました。当時の広大な遺構は今も地中に残っており、「白山平泉寺旧境内」として国の史跡にも指定されています。
「日本の道100選」に選ばれる神秘的で美しい石畳の参道も見逃せません。「福井の苔寺」とも称される荘厳な神社に、心癒されること間違いなしです。
「苔寺」としても美しいですが、白山平泉寺の冬の雪景色も魅力的ですよ。

住所 福井県勝山市平泉寺町平泉寺56-63
電話番号 0779-88-1591
ホームページ http://heisenji.jp

勝山城博物館

恐竜博物館周辺の見どころ 勝山城博物館

石垣からシャチホコまでが高さ57.8メートルと、天守閣風建築として日本一の高さを誇る勝山城博物館。
江戸時代の大名武具や染織品、合戦図屏風、清代の中原地域の民間刺繍、日本の近代書などが収集展示されています。勝山城最上階の展望室からは、勝山市街を一望できます。
また、駐車場内にある「みるく茶屋」で味わえる、勝山市内のラブリー牧場直営、新鮮なジャージー牛乳を使ったおいしいソフトクリームもオススメです。

住所 福井県勝山市平泉寺町平泉寺85-26-1
電話番号 0779-88-6200
ホームページ http://www.katsuyamajyou.com

大師山清大寺 越前大仏

恐竜博物館周辺の見どころ 越前大仏(清大寺)

巨大な寺院・清大寺に鎮座する越前大仏は、なんと座像としては日本最大で、奈良の大仏をも上回る大きさ。
大仏殿の隣にある五重塔も高さ75メートルと、非常にスケールが大きい観光スポットです。
五重塔からは勝山市が一望でき、秋には境内の木々の紅葉も楽しめます。
エレベーターが設置されていて5階まで気軽に上れるので、越前大仏を訪れた際はぜひ上ってみてください。

住所 福井県勝山市片瀬50字-1-1
電話番号 0779-87-3300
ホームページ http://etizendaibutsu.com

ゆめおーれ勝山

恐竜博物館周辺の見どころ はたや記念館「ゆめおーれ勝山」

はたや記念館「ゆめおーれ勝山」は、明治38年(1905年)から平成10年(1998年)まで勝山の中堅機業場として操業していた建物を保存・活用した施設。勝山市指定文化財、国の近代化遺産に認定されています。体験コーナーでは手織りコースター体験やまゆ玉クラフト体験などが親子連れに大人気です。

住所 福井県勝山市昭和町1丁目7-40
電話番号 0779-87-1200
ホームページ https://www.city.katsuyama.fukui.jp/hataya/

道の駅「恐竜渓谷かつやま」

中部縦貫自動車道の勝山インターチェンジを降りて間も無く「勝山恐竜橋」を渡ると、2020年にオープンしたばかりの道の駅「恐竜渓谷かつやま」があります。
親水空間も設けられているので、暑い時期に少し涼みに立ち寄るのもオススメ。
勝山市観光の思い出に、おみやげが購入できるショップや名物「水ようかんソフトクリーム」などが味わえるカフェレストランもありますよ。福井で発見された「フクイラプトル」のモニュメントも新たなシンボルとして設置されているので、訪れた際はぜひ一緒に記念撮影を。

住所 勝山市荒土町松ヶ崎1-17
電話番号 0779-89-2234
ホームページ http://katsuyama-navi.jp/michieki/

取立山

お時間に余裕のある方は、勝山市の大自然を満喫できる登山をセットにするのもオススメです。石川県との県境に位置する「取立山」は福井県内随一のミズバショウの群生地として有名で、春先には白く美しい花々が咲き乱れます。登山道は険しいルートが少なく、比較的楽に登山ができるので初心者の方も安心です。白山連峰の大迫力のパノラマや、「大滝」などの絶景も楽しめますよ。

住所 福井県勝山市取立平
ホームページ https://www.city.katsuyama.fukui.jp/kankou/kankouweb/tozan/toritate.html

勝山市付近のオススメ観光スポット

勝山市観光と併せて、近隣の観光スポットを楽しむのもオススメです。ここでは、勝山市からアクセスしやすい福井県内の観光スポットをご紹介します。

越前大野城

恐竜博物館周辺の見どころ 天空の城越前大野城(亀山城)

勝山市に隣接する福井県大野市に、“天空の城”として一躍有名になった「越前大野城」があります。
越前大野城は天正4年 (1576) 頃、織田信長から大野郡の一向一揆を収束させた恩賞として、その3分の2を与えられた金森長近によって築城されました。
四方を山々に囲まれた大野盆地の中心に位置する「亀山」という標高249mほどの山の上に立地し、麓には城下町が広がっています。この城下町が雲海に包まれた時、亀山だけが浮かんでいるように見え、「天空の城 越前大野城」が現れるのです。
10月から4月の明け方から午前9時頃、様々な気象条件を満たした場合に現れる希少価値の高い現象です。
最も現れやすい時期は11月だと言われているので、この時期の訪問がオススメ。周囲の城下町では、情緒ある街並みの散策も楽しめます。

住所 福井県大野市城町3-109
電話番号 0779-64-4817
ホームページ https://www.onocastle.net

大本山 永平寺

福井県の観光名所として名高い「曹洞宗大本山永平寺」は、今から約770年前の寛元2年(1244年)、道元禅師によって開創された出家参禅の道場です。
約10万坪の境内には70以上のお堂と楼閣があり、その中で「七堂伽藍(しちどうがらん)」という修行に欠かせない7つの建物が回廊で結ばれています。周囲は樹齢700年といわれる老杉が鬱蒼と生い茂り、その静粛なたたずまいはまさに霊域そのもの。その澄んだ空気に触れると、背筋がすっと伸びるような気持ちになります。
2019年に、仏殿や法堂など主要19棟が国の重要文化財に指定されました。門前には個性的なお店が軒を連ねていて、食べ歩きやおみやげ選びも楽しめますよ。

住所 福井県吉田郡永平寺町志比5-15
電話番号 0776-63-3102
ホームページ https://daihonzan-eiheiji.com/

東尋坊

福井県を訪れるならば必見なのが、坂井市三国町の海岸線に約1kmに渡って続く、国の天然記念物「東尋坊」の絶景です。
まさに景勝地と呼ぶにふさわしい観光スポットで、波の浸食によって荒々しく削り出された断崖に日本海の荒波が打ち寄せる様は大迫力。
「輝石安山岩の柱状節理」という地質学的にも珍しい奇岩は、東尋坊を含めて世界にも3ヶ所しかないと言われています。高さ55mの東尋坊タワーや、周辺の奇岩をめぐる遊覧船から景観を楽しむのもオススメですよ。
更に日本海に沈む夕日と東尋坊をセットで撮影すれば、SNS映えもバッチリです。周辺は昔ながらの観光商店でにぎわい、おみやげの購入や、新鮮な海産物や野菜を使ったお食事などを楽しめます。

住所 福井県坂井市三国町安島
0776-82-5515
ホームページ http://www.mikuni.org/tojinbo/

一乗谷朝倉氏遺跡

福井市の南東約10kmに位置する「一乗谷」に、戦国大名・朝倉孝景から5代103年にわたり越前を支配した朝倉氏の館と城下町の遺跡があります。2020年、話題となっている明智光秀ゆかりの地としても注目を集めています。「一乗谷朝倉氏遺跡」は日本のポンペイとも呼ばれ、朝倉氏が滅亡した後そのまま土砂や田畑の下に埋もれていましたが、その繁栄を示す貴重な遺跡が次々と発掘調査で見つかりました。特に豪壮華麗な庭園があったことが特徴的で、朝倉館跡庭園、湯殿跡庭園、諏訪館跡庭園、南陽寺跡庭園の4つは特別名勝に指定されています。

武家屋敷や庶民の町屋など、城下町を再現した国の特別史跡「復原町並」を訪れると、まるで戦国時代にタイムスリップした気分に。桜や紅葉の名所でもあるので、季節ごとの景観を楽しむのもオススメですよ。

住所 福井県福井市城戸ノ内町28-37
電話番号 0776-41-2330
ホームページ http://www3.fctv.ne.jp/~asakura/

福井県内のオススメ観光スポット

勝山市観光を満喫し、時間に余裕のある方はもう少し足を伸ばしてみるのもオススメです。福井県内の人気観光スポットを紹介しますので、ぜひルートを決める際の参考にしてみてください。

あわら温泉

福井県を旅行する際は、あわら温泉での宿泊はいかがでしょうか。宿から見える田園風景が特徴的な、のどかな温泉街です。明治16年の発見をきっかけにいたるところに温泉が湧き、現在74本の温泉があります。日本海に面するあわら市ならでは、新鮮な海の幸のお食事もオススメ。また、「あわら湯のまち駅」前にある「あわら温泉屋台村 湯けむり横丁」で美味しいひと時を過ごすのも楽しいですよ。北潟湖や金津創作の森美術館など、周辺に併せて楽しめる観光スポットも。

住所 あわら市二面33-1-5
(一般社団法人 あわら市観光協会)
電話番号 0776-78-6767
(一般社団法人 あわら市観光協会)
ホームページ http://awara.info/

丸岡城

福井県坂井市丸岡町にある「丸岡城」は、現存天守閣では最古の建築様式を持つ平山城です。天守を取り囲むように400本ものソメイヨシノが植えられていて、その美しい景観は「日本さくら名所100選」に選ばれています。
開花シーズンには満開の桜が作り出す霞の中に天守が浮かんでいるような、「霞ヶ城」という別名にふさわしい幻想的な光景が見られますよ。
また、この周辺は日本庭園式公園の「霞ヶ城公園」として整備されていて、歴史的・文化的資源を有効に活用していることから「日本の歴史公園百選」にも選ばれています。

住所 福井県坂井市丸岡町霞町1-59
電話番号 0776-66-0303
ホームページ https://www.maruoka-castle.jp/

西山公園

福井県鯖江市にある西山公園は、シーズンになると約5万株が咲き乱れる日本海側随一のつつじの名所です。毎年5月上旬には「つつじまつり」が行われ、多くの人が訪れます。公園の西側にある「西山動物園」にはかわいらしいレッサーパンダやリスザルなどがいますし、芝生広場やアスレチックなどもあるので、子供も大人も楽しめること間違いなし!公園の東側には、四季を通じてその魅力を楽しめる美しい庭園「嚮陽庭園」があります。

住所 福井県鯖江市桜町3丁目7-20
電話番号 0778-51-1001
(鯖江市公園管理事務所)
ホームページ https://www.city.sabae.fukui.jp/kanko/playing/nishiyama.html

越前海岸の水仙畑

福井県西部に位置する越前海岸は、日本水仙の三大群生地の1つとして有名です。寒い冬と日本海の荒波に耐え可憐に咲く水仙は、県民性と一致することから、福井県の花にも指定されています。シーズンには白い水仙が一面に咲き誇り、甘い香りが広がる美しい景観を楽しむことができます。

住所 福井県丹生郡越前町梨子ヶ平
電話番号 0778-37-1234
ホームページ https://www.town-echizen.jp/spot/spot01Detail.php?id=262

越前陶芸村

福井の伝統工芸「越前焼」は、今から約850年前の平安時代末期から始まり、「日本六古窯」の一つにも数えられています。
その越前焼の産地を地域開発の拠点として振興し、産業としての発展を目指すために作られたのが「越前陶芸村」です。都市公園100選に選ばれている広大な越前陶芸公園を中心に、越前焼を見る・作る・使うことが出来る福井県陶芸館、越前焼の買い物を楽しめる「越前焼の館」や「木の上の鳥」、その他、お食事処や宿泊施設などが集まっており、様々な楽しみ方が可能です。お時間のある方は、思い出作りに「陶芸教室」に参加してみてはいかがでしょうか。

住所 福井県丹生郡越前町小曽原
電話番号 0778-32-2174(福井県陶芸館)
ホームページ http://www.echizentogeimura.com/index.cgi

越前和紙の里

福井県越前市は、高級手すき和紙の産地として日本一のシェアを誇ります。越前和紙の里には、和紙業者が軒を並べる「五箇(ごか)地区」を始め、和紙づくりを体験できる「パピルス館」、手わざを見学できる「卯立の工芸館」、歴史を学ぶことができる「紙の文化博物館」などが集まっており、伝統工芸産地としての風情を醸し出しています。
はがき、うちわ、ランプシェードづくりなど、パピルス館の紙漉き体験も大人気。立ち寄った際は、ぜひ体験してみてください。

住所 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
電話番号 0778-42-1363
ホームページ http://www.echizenwashi.jp/index.php

氣比神宮

福井県敦賀市にある氣比神宮は大宝2(702)年の建立と伝えられていて、7柱のご祭神をまつる北陸道の総鎮守です。重要文化財に指定されている大鳥居はなんと高さ約11mで、春日大社(奈良県)・厳島神社(広島県)と並ぶ日本三大木造大鳥居の一つ。
かつて松尾芭蕉が訪れた地としても有名で、「おくのほそ道の風景地」にも指定されています。敦賀市を訪れるなら、日本三大松原のひとつ「気比の松原」や「金ヶ崎城跡」と併せて楽しむのも良いですね。

住所 福井県敦賀市曙町11-68
電話番号 0770-22-0794
ホームページ https://kehijingu.jp/

三方五湖

福井県の南部「嶺南」エリアを代表する景観スポットが、「三方五湖」です。低い山々の間に「三方湖」、「水月湖」、「菅湖」、「久々子湖」、「日向湖」の5つの湖が点在しており、美しく壮大な景色が楽しめます。全長11.2kmのレインボーライン(有料道路)からは日本海も望むことができ、山頂公園にある「天空のテラス」では様々な角度から三方五湖を見られるので、写真撮影スポットとしてもバッチリ。
また、「水月湖」の湖底からは世界的にも珍しい、7万年以上かけて堆積した「年縞」が見つかっています。2018年にオープンしたばかりの「年縞博物館」に併せて立ち寄ると、楽しく学べてより理解が深まります。

住所 福井県三方上中郡若狭町海山
電話番号 0770-45-2678(株式会社レインボーライン)
ホームページ http://www.mikatagoko.com/

「福井県年縞博物館」

住所 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1
縄文ロマンパーク内
電話番号 0770-45-0456
ホームページ http://varve-museum.pref.fukui.lg.jp/

瓜割の滝

福井県の南部「嶺南」エリア、若狭町にある「瓜割の滝」は、全国名水百選にも選ばれている清泉です。瓜も割れるほどに冷たいことからこの名がつけられ、周りには自然の美しさを感じられる幻想的な森林が広がっています。マイナスイオンを感じて癒しの時間を過ごしましょう。ぷるぷるの食感がおいしい、瓜割の滝名物「くずまんじゅう」も見逃せません。

住所 若狭町天徳寺37-1-3
電話番号 0770-62-0186(名水の里)
ホームページ http://www.town.fukui-wakasa.lg.jp/kankou/sitesheeing/uriwari/

城山公園・明鏡洞

福井県の最南端に位置する大飯郡高浜町にある、室町時代に築城された高浜城の跡地である城山公園。公園内には、高浜町の名勝「明鏡胴」や広い芝生広場や遊歩道があり、写真撮影にもオススメの観光スポットです。展望台からはさまざまな奇岩や若狭湾などの眺望が楽しむことができるほか、「夕日百景」に選ばれた青葉山に沈む美しい夕日を鑑賞することができます。また、釣りも楽しめますよ。

住所 福井県高浜町事代(城山公園内)
電話番号 0770-72-0338((一社)若狭高浜観光協会)
ホームページ http://wakasa-takahama.jp/spot/shiroyamapark/

いかがでしたでしょうか。
恐竜博物館とセットで周辺観光スポットを訪問したり、更に福井県内の人気観光スポットとうまく組み合わせたりして、ぜひ勝山市観光を楽しんでください。
景観を楽しむ、歴史に触れる、などテーマを設けてコースを決めるのも良いかもしれません。
今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

スキージャム勝山 大自然の冒険へでかけよう!